PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ふたたびの発作…

先週の土曜日に また大きな発作が起きてしまいました。


朝、なかなか起きない ちこ。

ここ最近は なかなか起きないことは ザラだったけど・・・
10時を過ぎても起きてくれる気配がない。


この日、のんたのワクチン接種の日で
病院の予約時間が迫っていたから 何とかチーだけでもさせてから・・と思い、
クッキーを鼻先に置いて、起こしてみた。

匂いに誘われ、お目覚め♪

クッキーを ほんの少し食べて、水を飲み・・・
起き上がろうとしたけど、起き上がれない…

前のアンヨも、後ろのアンヨも、ピーン!!と伸びてしまってて
うまく力が入らない状態。

起立のサポートしてあげたら、そのまま ウ●チが出ちゃったんで
出し切るのを支えながら待っていたら・・・


叫び出しちゃったんです。

・・・先月の アノ時と同じ叫び声。

ただ、先月とは違い、1回だけの叫び。

ビックリして、ちこの顔を覗き込んだら
ベロが 紫色に変化!!!

チアノーゼ起こしてるっ!!!


こりゃイカン!!!

慌てて抱っこして、病院へ電話。

すぐさま、連れて行きました。


車の中で、どんどんグッタリしてしまう ちこの心臓が
このまま止まってしまうんじゃないかと
ワタシは心臓バクバクで・・・

病院へ着いたら先生も待機していて下さったので
すぐに ちこを託しました。


どうしよう・・・
 どうしよう・・・
どうしよう・・・


しばらくして、看護士さんが
『詳しい状況を教えて下さい』と…。

発作が起きるまでの経緯を伝え、
 『ちこ、どうですか?』と聞くと

『今、緊急のお薬など投与して、少し落ち着いてます。』

とりあえずは、ホッ。

その時に、右足のふくらはぎが すんごく痛くなった。

と、いうのも・・
ちこを先生に託した直後、右足のふくらはぎに一瞬 激痛が走ったんだよね。

見たら、ワタシの後ろの診察室から出てきたチワワに・・・
激突されたんだけど・・・噛まれた??

飼い主は、『あっ。スイマセン』だけ…

その時は、ちこのことが気になって気になって
激痛も一瞬だけだったから
そんなに気にしないでいた。

が! 少しホッとしたら、すんごく痛みが出てきた!

・・・やっぱり噛まれた???

確認しようにも、ジーンズにハイソックス…
土曜日で病院内は混み合ってて、確認しずらい状況。

ん~~~~っ。

と、思っていたら先生が 出てきた!

意識もハッキリして、ベロも赤く戻ったとのこと。
ただ、立つことができなくて
横になったまま、アンヨをバタバタさせてしまっているので
このままだと、体温なども上がってしまうため
軽~く沈静をかけてます。と・・・

胸に何か詰まったりしていないかなど
念のため、レントゲンも撮り、血液検査もしている。と・・

全てにおいて異常がなければ
前回と同じように 降圧剤で脳圧を下げる処置になるそうで
夕方まで 入院になってしまいました。

・・・・・・。
 ・・・・・・・。

『今の状態だったら、いきなりストン!と命を落としてしまうようなことは
ないと思いますから。可能性はゼロではないけど、低いです。』

入院と聞いて、黙ってしまったワタシの不安を察してくれたのでしょうね…
先生から先に言ってくださいました。^_^;


― 夕方 ―

無事に降圧剤の点滴を終えて、少し落ち着いた ちことご対面♪
ちこの顔を見て、本当に安心。

今の時間なら、帰ってから万が一 何かあっても
すぐに病院へ戻れるので、お家へ帰っても良いですよ♬と言われ、帰ってきました。

ただ・・・
まったく立つことができないので、
道路に座ったままの状態で チ~~~…。

何とも器用(?)で少し笑っちゃいました。^_^;



ところが・・・
 ところが・・・

今回は、コレだけじゃなかった・・・・・・・・。


つづく。m(__)m
スポンサーサイト

| 闘病 | 09:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。